腰紐(こしひも)

こんにちは。すみれです。腰紐の生地の種類や帯用の小技について紹介します。

腰紐とは長襦袢や着物を着るときに結んだり、帯を結ぶ際に使う仮紐のことです。

種類は、モスリン(ウール)①⑤⑥⑦⑨、正絹②⑧、麻③、レース(写真はポリエステル)④があります。(丸番号は上記の画像と対応しております)

着付けセットは白やピンクのモスリン腰紐が2,3本入っていることが多いです。

腰紐の一覧表

生地使用感メリットデメリット
モスやさしい洗濯できるしわになる
しっかり涼しい固め
レースふんわり痛くないゴム感
正絹やわらかい丁度いい摩擦少し高い

※個人の感想です。

コーリンベルトを使わずに手結びするときは、腰紐を5本使用しています。長襦袢と着物でモスリンを3本、帯の仮結び用に正絹を2本利用しています。

正絹のハンドメイド腰紐はメルカリで購入しました。

モスリンでも定番の①⑨は208㎝、七緒と鳥獣戯画柄の⑤⑥⑦は長めの228㎝、正絹②⑧は144㎝、麻③は212㎝、レース④は216㎝でした。

正絹は元から帯の仮結び用なので短いです。お手持ちの腰紐を切って帯用にしたい場合は150㎝くらいにすると丁度いいですよ。

幅はモスリン①とレース④は4㎝、使用感は普通。正絹②⑧と古いモスリン腰紐⑨は3.5㎝で着物と長襦袢に使うには心もとないです。上記以外は4.5㎝で多少ヨレても安心して利用できる安心感があります。

長襦袢と着物は幅4.5㎝のモスリン、帯は約150㎝の好きな生地がおすすめです。

記事を気に入って頂けましたら、下記バナーをクリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装初心者へ
にほんブログ村
着物・和装ランキング